HOME > よくある引っ越しの疑問 > 引っ越しトラブルについて

荷物が足りない

引越の際でよく起こるのが荷物が無くなってしまうことです。荷解きをしてみると1つダンボールが足りないというケースは良く見られているため、必ず業者と利用者側とで数を確認したほうが良いでしょう。
また、利用者の思い過ごしということもあります。自家用車のトランクに積んだのを忘れていたり、押入れの天袋に入れっぱなしで出し忘れるなどです。そのほか考えられるケースとしては、処分する物とまぎれてしまったことです。すべてを業者任せにするのではなく、利用者も数や処分品のおき場所をちゃんと確認しましょう。

追加料金がかかる

引越業者によっては時間によって料金が決められていることがあります。思ったより荷物が多かったり、利用者の梱包の作業に手間取ってしまうと、追加料金が加算されてしまいます。予定通りに終わることは少ないため、超過料金を事前に確認しましょう。
家族が多く引越が長引きそうなら、追加料金が発生しにくい方法を選ぶことも必要です。業者にすべてお任せにして作業の効率を良くしたり、業者はあくまでも荷物の上げ下ろしのみで素早く終わらせるなど対処してみましょう。

破損や故障のトラブル

引越業者に依頼する際には、必ず保障内容を確認しましょう。業者も細心の注意を払って作業をしてくれますが、それでも100%破損や故障を防げるとは限らないのです。
大手業者のほとんどでは保険に入っており、万が一のトラブルの際にお金がおります。新居や明け払う住宅の壁などを傷つけてしまったり、家電製品の故障などのトラブルが考えられます。事前に保障内容を確認したり、作業はどのように行い注意を減らす努力をしているかも確認しましょう。

このページのトップに戻る