HOME > 引っ越しの注意点 > 良い引っ越し業者・悪い業者

良い業者

良い業者というのは価格と質のバランスが取れています。利用者にとって100%という業者はなかなか見つけることはできないため、一部は妥協しながら決めるようにしてみてください。
例えば、電話対応・見積もりの担当者の受け答えだけでも質は判断できます。引越は物を買うのではなく、サービスを利用することですから、人と人との関係性が重要視されます。話してみて何となく違うと思えば止めておいたほうが良く、誠意がある対応だと思えば利用してみましょう。業者の大小に関わらず、この人になら頼めるという人を見つけてみてください。

よくない業者

見積もりを取って契約を止めようとすると、いきなり大幅値引きを持ち出す業者は避けましょう。多少の値引きは良いのですが、かなり値段が違うということは、それだけ最初から値段を吊り上げている可能性があるのです。
また、大幅値引きをするということは、もしかしたら無理な営業をかけているのかもしれません。料金が安いからと荷物を雑に扱われたり、トラブルが起きても保険に入っておらず保障が効かないこともあります。あまりにも安すぎる値引きは警戒するようにしましょう。

悪い業者につかまらないために

引越業者は大小によって特徴が異なることを事前に把握しておきましょう。大手は梱包が丁寧で挨拶や移動もキレイなどの特徴がありますが、値段が高めというデメリットがあります。小さい所は価格は良いけどサービスがイマイチとなりかねません。
悪い業者につかまらないようにするには、実際に担当者と話してみるのが一番です。大手でも営業所が異なれば上司の考え一つでサービス内容が変わることがあります。小さい地元の業者で比較するなら代表者と話せばどのような業務内容かが分かりやすくなります。

このページのトップに戻る