HOME > 引っ越しの注意点 > 洗濯機の企画サイズについて

建物によって置けるサイズが異なる

洗濯機は建物によって置けるサイズが異なっています。マンションだとスペースが狭くて大型の洗濯機が置けなかったり、ドラム式が入らないということもあるため注意してください。引越前にサイズを測っておき、入るか確認しましょう。そのときには置くスペースだけでなく、搬入口のサイズも確認してみて下さい。
また、地域によっては洗濯機の置く場所が屋外という場合もあります。置き場所、洗濯物を干す動線、サイズなどを詳しく確認することをおすすめします。

排水溝はよく確認しましょう

無事に洗濯機が置けても、今後は排水ホースが届かないという場合もあります。洗濯機によっては排水ホースが左右どちらかの片側にしか設置できず、ホースの長さが足りない可能性も出てきます。元の洗濯機から出ているホースの位置と、引越し先の排水溝の位置を確認しましょう。長さが足りなくても別途ホースを購入しておけば、直ぐに洗濯ができます。
また、ホースと排水溝の口が合わない場合もあります。簡単で良いので作りくらいはチェックしておいて下さい。

洗濯機設置サービスが便利

引越し先の排水溝や今の洗濯機の位置などを確認するのが面倒だと思ったら、引越業者の家電製品設置サービスを付けましょう。多くの場合はオプションとなっているため、別にプラスする必要があります。
ただし、洗濯機のサイズが合わないと設置自体もできなくなってしまいますから、置けるかくらいは確認しておいて下さい。後はホースの取り付けなどはすべて業者にお任せできます。ホースの長さが足りないときでも、部品を用意してくれて付けてくれます。

このページのトップに戻る