HOME > 引っ越しの注意点 > 引っ越しの段ボールについて

利用人数による枚数について

引越の際に必要なダンボールの量は一概にはいえませんが、およその量は予想できます。単身なら20枚、家族なら100枚、2人ならその中間くらいです。必要な量がわかりにくかったら、引越業者に部屋を見てもらい枚数を割り出してもらうと良いでしょう。今までの経験から大体の量は予想することができます。
また、途中でダンボールが不足すれば業者にお願いして持ってきてもらったり、引越当日に分けてもらうのも良いでしょう。予想よりもたくさんダンボールが必要となるケースは、意外と多いのです。

無料で提供される業者もある

引越業者のなかには無料でダンボールをプレゼントしてくれる所もあります。1枚購入すれば100円〜300円くらいはしますから、量が多くなりやすい家族なら無料で提供してくれる業者を選ぶのも一つの方法です。ただし、無料である代わりに引越料金も割高ということも良くあります。
また、ダンボールをレンタルし、返却することで安くする業者もあります。再利用しやすく丈夫な梱包材を開発し、繰り返し利用できるならエコにも繋がります。ハンガーBOXやお皿を入れる箱などは比較的リサイクル品が使われています。

手間を惜しまないなら貰ってくる方法も

手間を惜しまないなら無料で貰ってくる方法も利用してみましょう。スーパーなどに行けば、無料で貰うことができます。ただし、1人当たり何枚までと決められていたり、何も書かれていなくても他の利用者に迷惑をかける場合もあります。貰う時にはお店の人に一言断り、大量に持っていっても良いか聞きましょう。
また、数量が限定されていても、早めに準備を始めればお店に行ったときにコツコツ集めることができます。食品を入れて持ち帰れば誰も文句は言いません。

このページのトップに戻る