HOME > 引っ越しの注意点 > 引っ越し時期について

2月〜4月は引越業者が忙しい時期

2月〜4月は新社会人や学生の引越が増加してしまうため、1年の間で一番引越し業者が忙しい時期です。このときに引越しようと思っても、希望日に空きが無かったり、料金が割り増しとなって損することもあります。どうしてもこの時期に重なってしまうならしかたが無いのですが、それでも時間帯や曜日を調整するだけで料金は安くなります。
土日祝日は忙しく、できるだけ平日にしましょう。また、午前中のほうが混みあうため、荷物が少ないなら夕方を選択してみてください。また、可能なら1月に引越をするのもおすすめです。

値段が上がりやすいのはこんな時期

忙しい時期はあえて割引価格で提供する必要がないため、引越業者も2月〜4月は料金を割り増しにしている所が多くなっています。特に3月〜4月は引っ越しのピークとなるため、1.5倍の料金は覚悟しておきましょう。
それでも仏滅や、平日、夜間などは比較的安い傾向にあります。宅配便と一緒に送る単身パックも到着時間が選べなければ案外安い可能性も出てくるでしょう。忙しい時期でも人があえて選ばない時間帯などを選んだり、業者の都合を優先させれば何倍も高くなることはありません。

忙しい時期はトラブルも起こりやすい

2月〜4月などの繁忙期というのは、トラブルが起こりやすい時期でもあります。引越業者も1日にいくつもの引越をすることになり、荷物がほかの家庭に混入したり、荷物の数が合わないというトラブルも起こることがあります。
忙しい時期はどうしても、1つのトラックに複数の家庭の荷物を入れがちです。1台貸切ならそれ程影響はしませんが、相乗りとなる場合は注意が必要です。また、1日に何件も周れば、当然時間通りに荷物が届かないこともあります。

このページのトップに戻る