HOME > 引っ越しに必要な知識 > 同地域内のお引越しについて

現在の住宅の引渡し日について

同地域に引越をするなら、今住んでいる住宅の引渡し日を少しだけずらしましょう。そうすることで引越当日にすべての荷物を運び出す必要は無くなり、不用品や直ぐに使わない物を置いておけるのです。引越当日は慌しく色々とやることもありますから、後日改めて荷物の整理や不用品の処分に出かければ良いでしょう。
もし自家用車があるなら、多少荷物を残しておいても、自分で運び出すことも可能です。遠距離での引越なら受け渡しは同一となり、結構手間がかかるものなのです。

ちょこちょこ自分で引越も可能に

同地域での引越の場合では、自分でちょこちょこ荷物を運び出すこともできます。自家用車があるなら、直ぐに必要ない荷物を早めにまとめ、休日に少しずつ移動させておきましょう。そうすれば引越当日は荷物が少なくて済むため、単身パックなど安い料金のサービスを利用できるかもしれません。
自家用車がない方でも、レンタカーを借りて休日に荷物を少しでも良いから運び出すことも考えておいてみて下さい。後は大きな家具類や直ぐに使うものだけとなれば、引越も楽になります。

引越業者は距離で計算される

引越業者によっては料金の算出方法が多少異なることがあります。時間で決められていたり、距離で計算する場合などです。同地域に引っ越すなら、距離はかなり近くなるわけですから、距離にて料金を算出してくれる業者を選ぶと良いでしょう。この場合は宅配業者を使った方が意外とお手ごろになる場合もあります。
時間割にて計算する業者、距離にて算出する所と数箇所見積もりを出してみると良いでしょう。地元の宅配業者は時間制、宅配業者は距離などが採用されている場合もあります。

このページのトップに戻る