HOME > 引っ越しに必要な知識 > 家族のお引越しについて

荷物が多い家族の引越は荷造りが大切

家族の引越では膨大な量の荷物を梱包しなければなりません。家族みんなでやったりすべて引っ越し業者にお願いする方法もありますが、それでも多少は自分で荷作りする必要があるため、基本的な知識は身につけておいて下さい。
引越の数週間前くらいから徐々に荷作りをはじめるのが良いのですが、このときに注意したいのが今使っている物は後回しにすることです。思い出の物、季節商品、頂き物など今使わない物から入れるようにします。最後の数日は必要際最低限の物だけ残っているとベストです。

荷物の搬入レイアウト表を作ろう

家族の引越の際には当日引越業者さんが荷物を運び出すことになります。事前にレイアウト表を作っておくと、業者の方も荷物の搬入がしやすくなります。それぞれの担当者に配布したり、玄関先に張るなど見やすくするのがコツです。
また、ダンボールにもそれぞれどの部屋に運び込むのか番号を振っておくと良いでしょう。そのほか直ぐに出すのか、使わない物なのかも分かりやすく記載しておくことをおすすめします。家族の引越は荷物の量が多くなるため、誰が見ても何所に運ぶのかがわかるようにするのが秘訣なのです。

引越当日までに不用品の処分を

引越の際には荷物が多ければ、それだけ費用もかかってしまいます。当初は荷物が少ないと感じられても、実際に量が多すぎれば引越料金の追加料金が発生してしまうことがあります。当日までにはできるだけ不用品を処分するようにしましょう。
引越は新しい生活を始めるチャンスでもあり、必要の無い物は潔く捨てる心構えも必要です。長く同じ場所に住み続ければ、どうしても物が増えてしまうのです。引越を良い機会としシンプルな生活を目指すのも良いのではないでしょうか。

このページのトップに戻る