HOME > 引っ越しに必要な知識 > 単身のお引越しについて

宅配便にて引越できる場合もある

単身引越の場合では、荷物が最小となるため場合によっては宅配便での引越も可能となります。単に荷物をダンボールに詰めて送るだけでなく、宅配業者が提供する単身パックや軽貨物を取り扱う赤帽などでも引越は可能です。どの方法も宅配業者に頼む方法は一緒ですが、利用できる荷物の量や料金などが多少異なるため、下調べと比較はしっかり行いましょう。
例えば宅配業者が提供する単身パックでは1つのコンテナに入る量なら1万円程度から利用することができるものです。

ドライバーの人数は注意が必要

単身引越の場合では、荷物が少ないためそれ向けの引越サービスを利用することになるでしょう。この場合気をつけたいのが、ドライバーは何人付くのか?という点なんです。
単身の引越で宅配業者を利用する場合では、他の荷物と一緒に運ぶのみで、荷下ろしはドライバー1人のみの対応ということも良くあります。赤帽などの軽貨物の場合でも1人のことが多くなっています。
ドライバーが1人しかいなければ、利用者自身も荷物を運ばなければならないことがあります。冷蔵庫などの大型家電を運びたい場合は注意したほうが良いでしょう。

引越料金を極力減らす工夫のコツ

単身の引越の際に引越料金をできるだけ節約したいなら、現地で必要な家具や家電製品などを購入することも考えみましょう。それなら日用品や衣類などを運ぶだけでよく、かなり引越料金が安くなります。ベッド、ソファー、冷蔵庫、テーブル、タンスなど大型のものはできるだけ現地で買うようにしてみて下さい。
そのためには引越し先に直ぐ利用できるように、家具店や家電量販店のリサーチくらいはしておきましょう。また、全国対応の量販店を利用して地元で買い、現地のお店から宅配してもらう方法も便利です。

このページのトップに戻る